大学推薦入試願書の提出遅れ受験できず 高校教諭を処分へ 神戸

大学推薦入試願書の提出遅れ受験できず 高校教諭を処分へ 神戸
去年11月、神戸市内の県立高校で、進路指導の教諭が大学の推薦入試の願書を期限内に提出できず、生徒4人が受験できなくなっていたことがわかりました。県教育委員会は「生徒の人生を変えかねない重大なミスだ」として、関係した教諭を処分することにしています。
兵庫県教育委員会によりますと、神戸市内の県立高校では、4人の生徒が去年11月に行われた、兵庫県立大学の推薦入試を受験することになっていました。

推薦入試は、高校ごとにまとめて生徒の願書を提出することになっていて、この高校では進路指導を担当する教諭が複数いましたが、提出期限などを十分に確認することを怠り、期限の最終日に郵送したということです。

その結果、願書は期限内に大学に届かず、4人はいずれも推薦入試を受験できませんでした。高校は生徒や保護者に謝罪したということです。

県教育委員会によりますと、生徒たちは兵庫県立大学などを一般入試で受験しましたが、一部の生徒は合格できず、これまでのところ、進路が決まっていないということです。

県教育委員会は「生徒の人生を変えかねない重大なミスだ」として、関係した教諭を処分することにしています。