富士山で2人遭難か 11日朝から捜索

富士山で2人遭難か 11日朝から捜索
k10011810841_201902110618_201902110626.mp4
10日、山梨県側から富士山に登った6人の登山グループのうち、登山中に別行動をとった男性2人と連絡がとれなくなり、警察は2人が遭難したおそれがあるとして、11日朝から捜索のため、山に入っています。
10日午後9時すぎ、富士山の山頂から5合目の山小屋に下山した登山グループの代表の男性から、「登山中に分かれた2人が夜になっても山小屋に戻らない」と警察に通報がありました。

警察によりますと、2人は大阪府に住む70代の男性と京都府に住む60代の男性で、10日午前7時ごろ、山梨県側の登山道の5合目から6人のグループで富士山に登り始めました。

しかし70代の男性が6合目付近で遅れだし、残りのメンバーに「先に行ってほしい」と話して別行動をとったほか、60代の男性が8合目付近で体力的に登ることができなくなり1人で引き返したということです。

警察は2人が遭難したおそれがあるとして、警察官12人態勢で午前6時ごろから捜索のため、山に入りました。これまでのところ、2人の行方は分かっていないということです。

警察によりますと、70代の男性は携帯電話や無線機を持っていないため連絡手段がなく、60代の男性は携帯電話を持っているものの、応答がないということです。