トランプ大統領「非常事態宣言」の可能性 改めて示す

トランプ大統領「非常事態宣言」の可能性 改めて示す
アメリカで、メキシコとの国境沿いの壁の建設費をめぐる与野党の対立で政府機関の一部の閉鎖が続いている問題で、トランプ大統領は、非常事態を宣言して議会の承認を経ずに大統領の権限で壁の建設を指示する構えを改めて示しました。
これはトランプ大統領が10日、メキシコとの国境地帯に向かう前にホワイトハウスで記者団に対して示したものです。

この中でトランプ大統領は「私には非常事態を宣言する権限があり、野党との協議がまとまらなければ宣言する可能性がある」と述べ、議会の承認を経ずに大統領の権限で壁の建設を指示する構えを改めて示しました。

野党・民主党は、トランプ大統領のこうした発言に対して「大統領の権力の乱用だ」と反発しています。

また、トランプ大統領は、政府機関の一部閉鎖が解除されなければ、今月22日からスイスで開かれる世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」への出席を取りやめる考えも明らかにしました。