なでしこジャパン 米での国際大会出場 W杯へ強豪と力試し

なでしこジャパン 米での国際大会出場 W杯へ強豪と力試し
サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」は、来年の女子ワールドカップに向けた強化の一環として2月からアメリカで開かれる国際大会に出場することになりました。
世界ランキング8位のサッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」は、来年6月にフランスで開かれる女子ワールドカップで2大会ぶりの優勝を目指していて、強化の一環として来年2月から3月にかけてアメリカで開かれる国際大会「シービリーブスカップ」に出場することになりました。

「シービリーブスカップ」は、アメリカサッカー連盟が主催しおととしから行われている4チームの対抗戦で、今回は初出場の日本のほか、いずれも女子ワールドカップ出場を決めている世界1位のアメリカ、世界4位のイングランド、世界10位のブラジルが出場します。

「なでしこジャパン」は、ことしアジアカップとアジア大会の2つのタイトルを獲得しましたが、アジア以外のチームとの対戦では4勝5敗と負け越していて、ワールドカップ出場を決めている強豪との対戦は貴重な力試しの舞台となります。

高倉麻子監督は「ワールドカップイヤーの幕開けに世界を代表する各大陸の強豪と戦えることは、貴重な経験であり大きな財産です。なでしこの現在地を教えてくれる相手に積み上げたサッカーをぶつけてワールドカップに向けた強化を進めていきたい」と話しました。

なでしこ 世界ランキング8位に

FIFA=国際サッカー連盟は7日、最新の女子の世界ランキングを発表し、日本代表の「なでしこジャパン」は前回から順位を1つ下げて8位になりました。

「なでしこジャパン」は先月、ノルウェーとの強化試合に4対1と快勝しましたが、世界ランキングはことし9月に発表された前回から順位を1つ下げて8位になりました。

アジア勢のトップはオーストラリアの6位です。

来年2月からアメリカで行われる国際大会で日本が対戦するアメリカは1位、イングランドは4位、ブラジルは10位となっています。

このほか上位は、ドイツが2位、来年、女子ワールドカップが開催されるフランスが3位となっています。