マンガで読む「女の子だから? 大学進学って…」

マンガで読む「女の子だから? 大学進学って…」
「女の子だから大学に行かせなくてもいいと思ってるんだよね」。そんなひと言から調べてみた、男女の大学進学率。「大学全入時代」と言われながらも、地域差に加えて男女の差がいまだに大きいことが分かりました(8月17日掲載News Up「女の子だから? 大学進学も…」)。

「自分の子どもたちの時代には、『男だから』『女だから』という理由でやりたいことを否定されないようになってほしいと思うんです」。そう話すイラストレーターのうだひろえさんに、記事の内容をマンガにしてもらいました。
愛知県出身のうださん自身も、イラストや物語を作る人になりたいと東京の大学に進学を希望したときには「女のくせに」と強く反対され、「絶対に成功しない」とまで言われたそうです。

「あの時の悔しさを今も覚えているから、子どもたちの夢は性別を理由に否定したくないんです」

一方、7日、不正入試問題を受けて東京医科大学は、去年とことしの入試で合格ラインを超えていながら不合格とされた女子受験生は67人に上ることを明らかにしました。

大学進学が決してすべてではありませんが、学びたい、やってみたいという思いを性別などを理由にじゃまされるのはおかしいのではないか、改めてそう感じました。