天皇陛下退位へ 式典委員会を設置

天皇陛下退位へ 式典委員会を設置
来年春の天皇陛下の退位などに伴う一連の儀式を円滑に実施するため、政府は12日の閣議で、安倍総理大臣を委員長とする式典委員会を設置することを決定しました。
来年春の天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴い、政府は、憲法に定める国事行為として、来年4月30日に退位の儀式を、翌5月1日から皇太子さまの即位に伴う5つの儀式を順次、執り行う方針です。

これを前に、政府は12日の閣議で、一連の儀式を円滑に実施するため、安倍総理大臣を委員長、菅官房長官を副委員長として、それぞれの式典の式次第や参列者の範囲などを含む大綱を取りまとめる「式典委員会」を設置することを決定しました。

「式典委員会」は、12日初会合を開き、今後は、1か月から2か月に1回のペースで会合を開いて、大綱の取りまとめに向けた検討を進めることにしています。