公明 山口代表 改憲は国会で議論し 幅広い合意を

公明 山口代表 改憲は国会で議論し 幅広い合意を
憲法改正をめぐって、安倍総理大臣が臨時国会で自民党の改正案の提示を目指していることについて、公明党の山口代表は国会の憲法審査会で与野党で十分に議論し、幅広い合意形成を図る必要があるという考えを示しました。
山口代表は記者会見で、安倍総理大臣が今月24日に召集される見通しの臨時国会で、自民党の憲法改正案を提示することに意欲を示していることについて、「自民党自身が判断することであり、対応を見守りたい。各党でどう議論していくかは、衆参両院の憲法審査会の場で話し合ってもらいたい」と述べました。

そのうえで山口氏は「公明党としては憲法審査会で議論を深め、幅広い合意を作り、国民の理解が伴う進め方を望んでいる」と述べ、与野党で十分に議論し、幅広い合意形成を図る必要があるという考えを示しました。

また、山口氏は地方議員のなり手不足の解消策として検討されている、地方議員も厚生年金に加入できるようにする法案について、「決して十分な報酬が与えられているわけではない地方議会もある。国民の理解を得ながら、合意形成をはかっていくべきだ」と述べ、理解を示しました。