技能実習生12人が結核集団感染 香川・徳島

技能実習生12人が結核集団感染 香川・徳島
ラオスやフィリピンなどから来日し、香川県と徳島県の農場で働いていた技能実習生12人が結核に集団感染し、香川県は、命に別状はなく、感染が拡大するおそれは低いとしています。
香川県によりますと、ラオスからことし2月に来日し、さぬき市の農場で働いていた20代の女性の技能実習生が、ことし4月の健康診断で肺に異常が見つかり、肺結核と診断されました。

同じ農場で働いていた実習生などを検査した結果、ラオスやフィリピンなどから来日し、香川県と徳島県の10か所の農場で働いていた12人が結核に集団感染していることがわかったということです。

このうちの3人は発病しましたが命に別状はなく、すでに帰国した実習生もいることから、香川県は、感染が拡大するおそれは低いとしています。