トランプ大統領がドイツ批判 「ロシアに大金支払っている」

トランプ大統領がドイツ批判 「ロシアに大金支払っている」
k10011529361_201807121135_201807121220.mp4
アメリカのトランプ大統領は、ドイツがエネルギーでロシアに依存し、大金を自国の国防費ではなくロシアに支払っているのは大きな問題だと指摘し、ドイツへの批判を強めています。
トランプ大統領は11日、ドイツのメルケル首相とNATO=北大西洋条約機構の首脳会議が開かれているベルギーで会談しました。

会談の詳しい内容は、明らかになっていませんが、トランプ大統領は、会談に先立ち、記者団に対して、「ドイツは金持ちの国なのに国防費は、GDP=国内総生産の1%余りしか支出しておらず、不適切だ」と述べ、ドイツを批判しました。

さらに、「われわれは、ロシアの脅威からドイツを守っているのにドイツは大金をロシアに支払っている。ドイツは、エネルギーの60%から70%をロシアから購入する予定で、ロシアに完全にコントロールされている」と述べ、大金を自国の国防費ではなくロシアに支払っているのは大きな問題だと非難しました。

これに対して、ドイツのメルケル首相は、会談前、記者団に対して「ドイツは、NATOの合意に従って、国防費を増やしている。アフガニスタンにも兵士を送るなど、NATOの一員として貢献している」と反論していて、首脳会談でもこうした主張をしたものと見られます。

ただ、トランプ大統領は、首脳会談の後もツイッターに「ドイツがエネルギーで数十億ドルをロシアに支払っても、NATOはそれでいいのか」と書き込むなど、ドイツへの批判を強めています。