サッカーW杯 フランス 3大会ぶり決勝進出

サッカーW杯 フランス 3大会ぶり決勝進出
サッカーワールドカップロシア大会の準決勝、フランス対ベルギーは、フランスが1対0で勝ち3大会ぶりの決勝進出を決めました。
試合は、10日、サンクトペテルブルクで行われ、フランスはここまでの5試合で出場チームトップの14得点を挙げているベルギーと対戦しました。

平均年齢が26歳と出場チームの中で2番目に若いフランスは、19歳のエムバペ選手を中心に攻撃を組み立て、39分には、右サイドでボールを持ったエムバペ選手が巧みなスルーパスで決定的なチャンスをつくるなど主導権を握りました。

そして、後半6分にコーナーキックのボールをディフェンダーのウムティティ選手が頭で合わせて、今大会初ゴールを決めて先制しました。

これに対して、ベルギーは、エデン・アザール選手やデブルイネ選手などが攻め込みましたが、フランスは、ゴールキーパーのロリス選手を中心に堅い守りを見せ、最後まで高い攻撃力を誇るベルギーに得点を与えませんでした。

フランスは、1対0で、準優勝した2006年のドイツ大会以来3大会ぶりの決勝進出を決めました。

一方、ベルギーは、初めての決勝進出を逃し3位決定戦にまわりました。

ウムティティ「非常に誇りに思います」

決勝ゴールを決めたディフェンダーのウムティティ選手は「非常に誇りに思います。ゴールを決めたのは私ですが、たくさんトレーニングを積みチームで一緒に作り上げた結果です。チーム全員を誇りに思います。決勝に進むという1つの目標を達成し、とてもうれしいです」と話しました。

パリでも盛り上がり

フランスが3大会ぶりの決勝進出を決めたことを受けて、パリでは、大勢の人たちが深夜にもかかわらず町に繰り出し、歓声を上げて喜びを分かち合っています。

このうち、パリ中心部のシャンゼリゼ通りでは、試合終了の前から大勢の人たちが集まりました。

フランスがベルギーに1対0で勝ち、2006年のドイツ大会以来、3大会ぶりの決勝進出を決めると、大きな歓声が上がり、フランス国旗を振ったり、肩を組んで飛び上がったりしながら喜びを分かち合っていました。

また、クラクションを鳴らして勝利を祝う車も行き交い、パリの各地で深夜にもかかわらず、大いに盛り上がりを見せ、歓喜に沸いています。