73歳男性が死亡 胸などに刺し傷 殺人で捜査 広島

12日、広島県呉市の住宅で、1人暮らしの73歳の男性が死亡しているのが見つかり、胸などに刺し傷があったことから警察は殺人事件として捜査を始めました。
12日、広島県呉市阿賀中央の住宅で、この家に1人で住む藤下正己さん(73)が浴室の洗い場で死亡しているのが見つかりました。

警察によりますと、藤下さんは服を着た状態で、14日、遺体を詳しく調べたところ、胸など数か所に刃物による刺し傷があったほか、死後1か月以上経過していると見られることがわかったということです。

警察は室内状況を詳しく調べるなど殺人事件として捜査しています。現場はJR呉線の安芸阿賀駅に近い住宅地です。