熱帯低気圧が15日までには台風に 沖縄・奄美で大雨のおそれ

熱帯低気圧が15日までには台風に 沖縄・奄美で大雨のおそれ
南シナ海にある熱帯低気圧が発達して15日までには台風に変わる見込みです。沖縄・奄美では16日にかけて大雨になるおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水などに警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、台湾の西の南シナ海に熱帯低気圧があって東寄りに進んでいます。

熱帯低気圧は、今後発達して15日にも台風に変わり、沖縄県の先島諸島に近づく見込みです。

沖縄・奄美では、前線の影響ですでに激しい雨が断続的に降っていて、15日にかけては雷を伴って1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

15日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、沖縄地方で180ミリ、奄美地方で120ミリと予想されています。さらに、16日夕方までの24時間に100ミリから200ミリの雨が降り、大雨になるおそれがあります。

沖縄・奄美では海上を中心に風も強まり、15日にかけての最大風速は18メートル、最大瞬間風速は30メートルに達し、波の高さは4メートルから5メートルとしける見込みです。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、急な川の増水、高波に警戒するとともに強風にも十分注意するよう呼びかけています。