拉致問題 北朝鮮 キム委員長 「解決済み」の見解示さず

拉致問題 北朝鮮 キム委員長 「解決済み」の見解示さず
12日の米朝首脳会談で、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、拉致問題は解決済みだという従来の北朝鮮の見解を示さなかったことが明らかになりました。
これは自民党の萩生田幹事長代行が、安倍総理大臣と会談したあと、記者団に対して明らかにしたものです。

この中で、萩生田氏は「トランプ大統領が単に拉致問題を提起しただけではなく、今まで『拉致問題は解決済みだ』と公の席で言ってきたキム・ジョンウン委員長からそういう反応がなかった」と述べ、キム委員長が、トランプ大統領との会談で、拉致問題は解決済みだという従来の北朝鮮の見解を示さなかったことを明らかにしました。

そのうえで、萩生田氏は「これは大きな前進だ。北朝鮮とこれから、さらに話をするという確認ができたと思う。日本が前面に出て、しっかり拉致問題の解決に向けた努力をしてもらいたい」と述べました。

これに先だち、安倍総理大臣は、自民党宮城県連の関係者らとの昼食会で「拉致問題は安倍内閣の最重要課題であり、自分の責任で、何としても拉致されているすべての国民を日本に取り戻して家族と会わせて解決する」と述べ、問題の解決に強い決意を示しました。