阪神元選手のスコアラー 盗撮容疑で逮捕 視察先の仙台

阪神元選手のスコアラー 盗撮容疑で逮捕 視察先の仙台
12日夕方、仙台市で、プロ野球・阪神タイガースの元選手が女性のスカートの中を盗撮したとして、宮城県の迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されました。元選手は容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、プロ野球・阪神タイガースの元選手で現在は球団の契約社員の山脇光治容疑者(55)です。

警察によりますと、山脇容疑者は12日午後4時ごろ、JR仙台駅東口の家電量販店に入るためのエスカレーターで、前にいた25歳の女性のスカートの中をスマートフォンで盗撮したとして宮城県の迷惑行為防止条例違反の疑いが持たれています。

女性が声をあげたところエスカレーターに乗っていた人たちが取り押さえ、その場で逮捕したということです。

警察によりますと、山脇容疑者は現在は球団のスコアラーを務めていて、12日は視察のため仙台市に来ていたということです。

調べに対し「女性の後ろ姿を撮ろうとしたら、風が吹いてスカートがめくれてしまった」と容疑を否認しているということです。

警察が当時の詳しい状況などを調べています。

球団社長「管理できておらず反省」

阪神の揚塩健治球団社長は13日、大阪 福島区の阪神電鉄本社で取材に応じました。

この中で「被害に遭われた方に心よりおわび申し上げるとともに、ファンや関係者の皆さまに多大な迷惑や心配をおかけし、深くおわび申し上げます。球団としても厳粛に受け止め、事実関係が明らかになれば厳正に処分します」と謝罪しました。

また山脇元選手については「選手として長く活躍し、その後も20年にわたってコーチやスコアラーを務めてきて非常に信頼していました。本当に残念で、管理ができていなかったと反省している」と話していました。

揚塩社長は、今後、被害者に直接謝罪する意向を示し、シーズンオフに実施している選手や球団職員を対象としたコンプライアンスの研修会を強化するということです。

山脇元選手とは

山脇スコアラーは、大阪の浪商高校、現在の大体大浪商高校から昭和55年のドラフト外で阪神に入団しました。

現役時代は、持ち味の堅い守りで主に内外野の守備要員、それに代打や代走などでチームを支え、14年間の現役生活で356試合に出場しました。

引退後は球団に残ってコーチなどを務め、岡田元監督の最終年の平成20年から和田前監督が監督を務めた3年前までは8年間、1軍のコーチを務めました。

金本監督が就任してからはスコアラーに転身し、去年からはチームが次のカード以降に対戦する相手を分析する「先乗りスコアラー」を務めていました。