「男女候補者均等法」女性議員増やすため各党に働きかけへ

「男女候補者均等法」女性議員増やすため各党に働きかけへ
国政選挙などで男女の候補者の数ができるかぎり「均等」になることを目指すなどとした法律の成立を受けて、法整備を促してきた超党派の議員連盟は、引き続き、女性議員を増やしていくための取り組みを各党に働きかけていくことを確認しました。
女性の声を政治に反映させるため国政選挙などで男女の候補者の数ができるかぎり「均等」になることを目指すなどとした法律が、16日に成立したことを受けて、法整備を促してきた超党派の議員連盟が国会内で会合を開きました。

この中で、議員連盟の会長を務める無所属の中川元文部科学大臣は「法律の成立は出発点だ。各政党がそれぞれ女性議員を増やすために何をやらなければならないのか、まだまだ考えていくことがあり、これからが本番だ」と述べました。

そして会合では、引き続き女性議員を増やしていくための取り組みを各党に働きかけ、女性が議員として働きやすい環境整備などを検討していくことを確認しました。