アンネの日記 内容不明だったページ解読したら...性への関心も

アンネの日記 内容不明だったページ解読したら...性への関心も
「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクが記した日記のうち、紙が貼られて内容がわからなかったページの内容が最新のデジタル技術で明らかになりました。才気かん発なアンネ・フランクも性的なことへの関心を示していて、思春期らしい一面を見せています。
アンネ・フランクは、第2次世界大戦中にナチスドイツから迫害され、オランダのアムステルダムの隠れがで日記を書き続け、死後に出版された「アンネの日記」は世界的なベストセラーとなっています。

オランダの研究者が、日記のうち、茶色い紙が貼られて内容がわからなかった2ページについて、最新のデジタル技術を使い、裏面から映り込む文字を消すなどして解読しました。

その結果、このページはアンネが身を隠してから2か月後の1942年9月に書かれたものとわかりました。

性的な話題にも触れていて、自分と同じ年頃の女の子について、「男性と関係を持つくらいには成長しているけど、結婚前にはもちろんそんなことはしないの」などと書かれています。

解読に携わった研究者は、「こうした冗談は成長期の子どもたちの間では昔からよくあることで、才能豊かなアンネも普通の女の子だったことがわかった」と話しています。
アンネ・フランクは、第2次世界大戦中にナチスドイツから迫害され、オランダのアムステルダムの隠れがで日記を書き続け、死後に出版された「アンネの日記」は世界的なベストセラーとなっています。

オランダの研究者が、日記のうち、茶色い紙が貼られて内容がわからなかった2ページについて、最新のデジタル技術を使い、裏面から映り込む文字を消すなどして解読しました。

その結果、このページはアンネが身を隠してから2か月後の1942年9月に書かれたものとわかりました。

性的な話題にも触れていて、自分と同じ年頃の女の子について、「男性と関係を持つくらいには成長しているけど、結婚前にはもちろんそんなことはしないの」などと書かれています。

解読に携わった研究者は、「こうした冗談は成長期の子どもたちの間では昔からよくあることで、才能豊かなアンネも普通の女の子だったことがわかった」と話しています。