メロンの「目ぞろえ会」出荷基準を確認 茨城

メロンの「目ぞろえ会」出荷基準を確認 茨城
メロンの生産が盛んな茨城県茨城町で、メロンの出荷の基準を確かめる「目ぞろえ会」が開かれました。
茨城町はメロンの生産量が全国で最も多い茨城県内でも有数の産地で、アンデスメロンや、県のオリジナル品種、イバラキングなどのメロンを出荷しています。

メロンの出荷が本格的に始まるのを前に、17日、出荷の基準を確認する「目ぞろえ会」が開かれ、生産者などおよそ100人が集まりました。

目ぞろえ会ではJAの担当者が、わせ品種のオトメメロンの見本を示しながら、できのよい順に等級に分けて出荷することなどを説明しました。

最もできがよい等級の「秀」のメロンは、縦に長い円形で青みや傷が少ないものが選ばれるということで、生産者は見本を手に取るなどして確かめていました。

メロン生産者の男性は「玉が大きく成長する3月ごろの気温が低く心配していましたが、ここ最近の暖かさでなんとか大きくなりました。消費者によいメロンを食べてもらいたいです」と話していました。

茨城町のメロンは来月中旬から下旬にかけて本格的に出荷されるということです。
茨城町はメロンの生産量が全国で最も多い茨城県内でも有数の産地で、アンデスメロンや、県のオリジナル品種、イバラキングなどのメロンを出荷しています。

メロンの出荷が本格的に始まるのを前に、17日、出荷の基準を確認する「目ぞろえ会」が開かれ、生産者などおよそ100人が集まりました。

目ぞろえ会ではJAの担当者が、わせ品種のオトメメロンの見本を示しながら、できのよい順に等級に分けて出荷することなどを説明しました。

最もできがよい等級の「秀」のメロンは、縦に長い円形で青みや傷が少ないものが選ばれるということで、生産者は見本を手に取るなどして確かめていました。

メロン生産者の男性は「玉が大きく成長する3月ごろの気温が低く心配していましたが、ここ最近の暖かさでなんとか大きくなりました。消費者によいメロンを食べてもらいたいです」と話していました。

茨城町のメロンは来月中旬から下旬にかけて本格的に出荷されるということです。