株価 小幅な値動き 日米首脳会談前に米の要求見極めか

株価 小幅な値動き 日米首脳会談前に米の要求見極めか
17日の東京株式市場は、日米首脳会談を前に積極的な取り引きが控えられ、株価は小幅な値動きとなりました。
日経平均株価、17日の終値は、16日より12円6銭高い2万1847円59銭。
東証株価指数=トピックスは、6.24下がって1729.98。
1日の出来高は13億5346万株でした。

市場関係者は「好調な業績が期待される銘柄に買い注文が入ったものの、全体的に取り引きは低調だった。市場では、日本時間のあす未明から始まる日米首脳会談を前に、対日貿易赤字を問題視するトランプ大統領が安倍総理大臣に対し、どのような要求をするのか見極めたいという投資家が多かった」と話しています。