NYダウ値上がり シリア軍事攻撃 影響限定的の受け止め

NYダウ値上がり シリア軍事攻撃 影響限定的の受け止め
週明け16日のニューヨーク株式市場はアメリカなどによるシリアへの軍事攻撃の影響は限定的だという受け止めから買い注文が広がり、ダウ平均株価は、200ドル以上値上がりしました。
16日のニューヨーク株式市場はアメリカ軍などが行ったシリアへの軍事攻撃が世界経済に与える影響は限定的だという受け止めが広がり、先週末に売られた銘柄を買い戻す動きが出ました。

その結果、ダウ平均株価は先週末より212ドル90セント高い2万4573ドル4セントで取り引きを終えました。

市場関係者は「中東情勢をめぐる警戒感がいくぶん和らいだほか、この日発表された小売業の売り上げ高が市場の予想を上回ったことも株価を押し上げた。今週以降、発表が相次ぐIT企業などの決算を見極めたいという投資家が多い」と話しています。