米 中国通信大手ZTEに輸出禁止措置 米中対立激化か

米 中国通信大手ZTEに輸出禁止措置 米中対立激化か
アメリカ商務省は、去年3月、中国の通信機器大手が、イランと北朝鮮に違法に輸出をしていたとして罰金の支払いなどで合意しましたが、その後も商務省に対して虚偽の報告を行っていたとして、この企業に対してアメリカ企業が部品を販売するのを禁止する新たな措置を発表しました。
この問題は、中国の通信機器大手ZTEが、イランと北朝鮮に違法に通信機器を輸出していたもので、去年3月、アメリカ政府に対して罰金を支払うことで合意しました。

アメリカ商務省は16日、この中国企業が、問題に関わった従業員への賞与を減額することが去年の合意に含まれていたにもかかわらずこれを実施せず、商務省に対しても虚偽の報告を行っていたことを明らかにしました。

これについて、ロス商務長官は声明で、「ZTEは、われわれを欺いた。この言語道断な行為を見逃すことはできない」と厳しく批判したうえで、この中国企業に対してアメリカの企業が部品を販売するのを禁止する新たな措置を発表しました。

今回の措置によって、この中国企業は経営に深刻な影響が及ぶと伝えられていて、米中の貿易摩擦が懸念されるなか両国の対立がさらに激しくなる可能性も出ています。