JR新潟駅 上越新幹線と在来線の特急が同じホームに

JR新潟駅 上越新幹線と在来線の特急が同じホームに
新潟市にあるJR新潟駅の高架化工事が進み、15日から上越新幹線と山形、秋田方面の在来線の特急の乗り換えが同じホームでできるようになり、記念の式典が開かれました。
JR東日本と新潟市は、新潟駅の上越新幹線と在来線のホームを同じ高さにする工事を進めていて、このほど在来線の線路5本のうち4本の高架化が完成し、15日から東京と新潟を結ぶ上越新幹線と新潟と山形・秋田を結ぶ「特急いなほ」の乗り換えが同じホームでできるようになりました。

新潟駅で開かれた式典では、新潟市の篠田昭市長が「新潟駅の拠点化が大きく進むと思う。新潟の顔である新潟駅の高架の全面開業に向けて頑張っていきたい」とあいさつしました。また、新潟県の米山隆一知事は「山形、秋田への観光にも使っていただけたらと思う」と述べました。

新しく完成した5番線のホームには、午前10時49分に東京からの上越新幹線が到着し、山形県の酒田行きの特急いなほに乗り換える乗客たちに新潟産の米粉で作った記念のパンが配られました。

そして新幹線到着から9分後、特急いなほが駅長の合図で出発し、集まった人たちは旗を振って見送っていました。