「居眠りをしていた」東北新幹線で運転士 仙台駅でオーバーラン

「居眠りをしていた」東北新幹線で運転士 仙台駅でオーバーラン
今月1日、JR仙台駅で東北新幹線の下り列車の運転士が居眠りをしてホームの停車位置を20メートルほど通り過ぎ、非常ブレーキで停車していたことがわかりました。
今月1日の午後10時すぎ、JR仙台駅で、10両編成の東北新幹線の下り列車、「やまびこ59号」がホームに入ってきた際、列車のスピードが通常より落ちていないことに気づいた車掌が非常ブレーキをかけ、決められた停車位置を20メートルほど通り過ぎて停車しました。

その後、車両を所定の停車位置に戻すなどした影響で、仙台駅への到着は1分半ほど遅れましたが、およそ550人の乗客に、けがはありませんでした。

この新幹線の40代の男性運転士は当初、JR東日本の聞き取りに対して、「17両編成の新幹線と勘違いして停車位置を誤った」などと話していましたが、あいまいな点があったため、引き続き確認していたところ、13日になって、「居眠りをしていた」と話したということです。

運転士の証言から、仙台駅に到着するまでのおよそ4分間、距離にすると、10キロほどの区間で居眠りをしていたと見られ、ホームに入って来た時にも自動的に作動するブレーキだけで減速していたということです。

JR東日本は「お客さまにご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます。全乗務員に対して、責任感を持ち執務することを指導してまいります」と話しています。
今月1日の午後10時すぎ、JR仙台駅で、10両編成の東北新幹線の下り列車、「やまびこ59号」がホームに入ってきた際、列車のスピードが通常より落ちていないことに気づいた車掌が非常ブレーキをかけ、決められた停車位置を20メートルほど通り過ぎて停車しました。

その後、車両を所定の停車位置に戻すなどした影響で、仙台駅への到着は1分半ほど遅れましたが、およそ550人の乗客に、けがはありませんでした。

この新幹線の40代の男性運転士は当初、JR東日本の聞き取りに対して、「17両編成の新幹線と勘違いして停車位置を誤った」などと話していましたが、あいまいな点があったため、引き続き確認していたところ、13日になって、「居眠りをしていた」と話したということです。

運転士の証言から、仙台駅に到着するまでのおよそ4分間、距離にすると、10キロほどの区間で居眠りをしていたと見られ、ホームに入って来た時にも自動的に作動するブレーキだけで減速していたということです。

JR東日本は「お客さまにご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます。全乗務員に対して、責任感を持ち執務することを指導してまいります」と話しています。