ダイソーで販売の白髪染めから有害物質 200万個自主回収

ダイソーで販売の白髪染めから有害物質 200万個自主回収
k10011402201_201804131949_201804131950.mp4
100円ショップのダイソーで販売されていた白髪染めの3つの商品から、有害物質のホルムアルデヒドが検出されたとして、ダイソーの運営会社などは、これまでに販売した商品およそ200万個を自主回収すると発表しました。
自主回収の対象となっているのは、白髪染めの「エバビレーナ白髪タッチAブラック」、「エバビレーナ白髪タッチBダークブラウン」、「エバビレーナ白髪タッチCブラウン」の3つの商品です。

これらの商品は京都市に本社のある化粧品メーカー「サンパルコ」が製造し、100円ショップのダイソーで販売していましたが、サンパルコの自主検査で、国の基準では配合が認められていない有害物質のホルムアルデヒドが検出されたということです。

いずれの商品もサンパルコが台湾にある委託先の工場で製造・輸入し、平成24年12月から先月までの間に、全国でおよそ200万個が販売されたということです。

ダイソーの運営会社、「大創産業」などによりますと、これまでに健康被害の報告はないということですが、手元にある場合は直ちに使用を中止してほしいと呼びかけています。

このほか、サンパルコが大創産業向けに製造したアイシャドウやマスカラなど75の化粧品についても、成分表示の一部に誤りがあったとして、自主回収することを発表しました。

問い合わせ先はサンパルコのお客様相談室、フリーダイヤル0120ー434-332です。