建設会社の寮から拳銃10丁と銃弾200発 フィリピン人の男聴取

建設会社の寮から拳銃10丁と銃弾200発 フィリピン人の男聴取
k10011401741_201804131508_201804131514.mp4
東京・府中市にある建設会社の寮の部屋で、拳銃10丁と銃弾200発余りが見つかり、警視庁は直前までこの部屋に住んでいたフィリピン人の29歳の男から事情を聴くなど、詳しい経緯を調べています。
警視庁によりますと、今月10日の午後0時半ごろ、東京・府中市是政にある建設会社の寮の空き部屋に不審なものがあると、110番通報がありました。

警視庁が調べたところ、部屋に残されていたクーラーボックスとキャリーバッグの中から、拳銃10丁と銃弾200発余りなどが見つかったということです。

この部屋には建設会社の下請け業者で雇用されていたフィリピン人の29歳の男が直前まで住んでいたということです。男はすでに解雇され、行方がわからなくなっていましたが、13日午後、府中警察署に出頭してきたということです。

警視庁は男から事情を聴くなど、詳しい経緯を調べています。

寮は中央自動車道のすぐ脇にあり、当時、不審物の処理のため、中央道の上下線が現場の近くの区間で30分ほど通行止めになるなど影響が出ました。