紀子さま 広島訪問 原爆慰霊碑に供花

紀子さま 広島訪問 原爆慰霊碑に供花
秋篠宮妃の紀子さまは、14日、広島市の平和公園を訪れ、原爆で犠牲になった人たちの霊を慰められました。
13日から広島市を訪れている紀子さまは、14日午後、平和公園を訪ねられました。

紀子さまは、市民らが見守る中、30万8725人の原爆死没者名簿が納められた原爆慰霊碑の前に白い花束を供え、静かに頭を下げて犠牲者の霊を慰められました。
このあと、広島市の松井市長から慰霊碑に刻まれた碑文などについて説明を受けられました。

紀子さまは、去年11月にも長崎市の平和公園を訪れて原爆犠牲者を慰霊したり原爆資料館を視察されたりしています。

これに先立って、紀子さまは午前中、市内のホテルで開かれた「結核予防全国大会」の式典に出席されました。

紀子さまは、大会を主催する結核予防会の総裁を20年余り務めていて、参加した医師や保健師、それに結核予防の活動に取り組む婦人会のメンバーなどを前に、「日頃より結核予防活動をはじめとする肺の健康のための活動に力を尽くされていることに、感謝いたします」と述べられました。