センター試験 パトカーで会場へ 北海道で列車事故

センター試験 パトカーで会場へ 北海道で列車事故
13日午前、北海道白老町の踏切で特急と乗用車が接触してダイヤに乱れが出て、列車を利用していた大学入試センター試験の受験生、合わせて4人を警察が急きょ、パトカーで試験会場まで送る対応を取りました。
13日午前8時ごろ、北海道白老町にあるJR室蘭線の踏切で、特急と乗用車が接触し、特急や後続の列車に運休や遅れが出ました。

JR北海道や警察によりますと、大学入試センター試験のため室蘭市内の会場に向かっていた受験生が、登別駅のホームに1人、別の駅で止まっていた後続の列車に3人いることがわかり、事故の処理などに来ていた室蘭警察署と苫小牧警察署が4人全員を急きょ、パトカーで試験会場まで送り届けたということです。

パトカーは赤色灯はつけず、通常の走行で試験開始前に到着し、このうち3人は別室で説明を受けたため4分遅れで受験したということです。

3人を送った苫小牧警察署は「受験生の安全や将来を考え、緊急に対応した」とコメントしています。