鳥インフルエンザ 香川県のニワトリ殺処分終わる

鳥インフルエンザ 香川県のニワトリ殺処分終わる
香川県さぬき市の養鶏場のニワトリから「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けて、香川県が11日夜から関連の養鶏場も含めおよそ9万1000羽を対象に進めてきた殺処分が12日夜、完了しました。
香川県さぬき市の養鶏場では10日、食肉用のニワトリ55羽が死んでいるのが見つかり、詳しい検査の結果、11日夜、「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

これを受けて香川県は自衛隊などにも協力を要請し、延べおよそ700人の態勢で11日夜遅くから関連の養鶏場も含めおよそ9万1000羽のニワトリの殺処分を進めてきました。その結果、殺処分は12日夜7時半に完了しました。

また、さらに詳しい検査の結果、検出されたウイルスは「H5N6型」と確認されました。

香川県は、この養鶏場から半径3キロ以内をニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、半径10キロ以内をその地域からの出荷を禁止する「搬出制限区域」に指定し、周辺の養鶏場に感染が広がっていないか調べていますが、これまでのところ異常は確認されていないということです。