東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月11日のニュース

福島第一原発 データで振り返る7年と今

「3基の原子炉がメルトダウン」という世界最悪レベルの事故。東京電力・福島第一原子力発電所の7年をデータで振り返ります。

事故直後の放射性物質の放出量は
事故で外部に放出された放射性物質の量について、東京電力は原発周辺で測ったデータやシミュレーションを基に試算を公表しています。

事故発生翌日の平成23年3月12日から31日までの間に放出されたヨウ素131とセシウム137は、合わせて90京ベクレルとみられます。これは、チェルノブイリ原発事故で放出された放射性物質の17%余りに当たります。

翌4月の放出量は4兆ベクレルと、当初の1000分の1以下に減ったと推定されています。
放射性物質の放出量 低下傾向も微量の放出続く
その後も放射性物質の放出量の低下傾向は続いていますが、事故から7年たった現在も完全になくなったわけではありません。

東京電力が原発周辺での観測を基に計算した1号機から4号機の原子炉建屋からの放出量です。
(すべて3月時点の平均)
・1年後 毎時340万ベクレル
・2年後 毎時250万ベクレル
・3年後 毎時130万ベクレル
・4年後 毎時120万ベクレル
・5年後 毎時27万ベクレル (評価方法見直し)
・6年後 毎時2万5000ベクレル

そして、ことし1月時点では毎時13万ベクレルとなっています。
ことしは去年よりも増えていますが、東京電力は日によって放出量が異なるため変動の範囲だとしていて、全体としては減少傾向だとしています。
放射線量の値は
原子炉建屋からおよそ1キロ離れた福島第一原発の正門で計測される放射線量の値は、今月はじめに1時間当たり1マイクロシーベルト程度となっていて、去年とほぼ変わっていません。

同じ地点で東京電力が観測を始めた、事故直後の3月下旬には1時間当たり最大で236マイクロシーベルトが観測されていて、7年前と比べて200分の1以下になっています。

福島第一原発の敷地内では正門付近を含め、防護服の必要がないエリアが、ことしから敷地全体の95%になっています。
作業員 1日当たり平均5000人
廃炉の作業に当たる東京電力や協力会社の作業員の数は、ことし1月時点では、1日当たり平均5000人となっています。

作業員は去年4月以降、およそ5000人から5500人前後で推移していて、ピークだった3年前の3月時点に比べると、2500人程度少なくなりました。

3月11日のニュース一覧