東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月5日のニュース

警戒区域のペット 42匹保護

東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、警戒区域に取り残されているペットだった犬や猫について、環境省と福島県が、今月1日から5日間にわたって保護を進めた結果、合わせて42匹が保護されました。
環境省と福島県は、南相馬市と浪江町の警戒区域で、今月1日から篭に餌をつけた仕掛けを120台設置し保護を進めた結果、5日までに犬5匹と猫37匹を保護しました。
いずれも放射線が基準値を超えていないことや、感染症にかかっていないことが確認されていて、健康状態は比較的よいということです。
福島県が管理する2つの施設では、原発事故のあと、警戒区域やその周辺で保護された266匹が飼育されており、このうち6割は元の飼い主が分かっていますが、避難先で飼うのが難しいことなどから引き取られていないということです。
福島県食品生活衛生課の平野井浩獣医師は「住民が帰宅できないため、警戒区域にはまだ数百匹がいるとみられ、1年余りで飼育先も決まった阪神・淡路大震災よりも保護は長引くと思われる」と話しています。
環境省などは、警戒区域内の4つの町で、今月中にさらに10日間、保護活動を行うことにしています。

3月5日のニュース一覧