東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

2月1日のニュース

4号機 原子炉内の水が漏れる

東京電力福島第一原子力発電所で、4号機の原子炉につながる配管が接続部分で外れて原子炉内の水が建物の中に漏れ出たのが見つかり、その後の調査で、漏れた水の量はおよそ8.5トンに上ることが分かりました。
福島第一原発の4号機では、先月31日午後10時半ごろ、原子炉がある建物の1階で、パトロールをしていた作業員が、原子炉につながる直径9ミリの配管が接続部分で外れて水が漏れているのを見つけました。
漏れた水の放射性物質の濃度は、1立方センチメートル当たり35.5ベクレルで、原子炉の水とみられ、配管の原子炉側にある弁を閉じたところ、水漏れは止まったということです。
4号機では先月30日の午後から、原子炉につながる使用済み燃料プールからあふれた水を受け止めるタンクの水位が、通常の20倍以上の速さで下がっていることが確認され、原因を調べているところでした。
東京電力の調査で、漏れた水の量はおよそ8.5トンに上ることが分かりましたが、水は原子炉がある建物の地下1階にたまり、建物の外には漏れていないということです。
福島第一原発では、先月28日から31日までに、冷え込みによる凍結が原因とみられる水漏れが24か所で見つかっていますが、東京電力は「配管が外れた原因が凍結かどうかははっきりしていない」と話しています。

2月1日のニュース一覧