東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

1月28日のニュース

汚染水処理設備 水漏れ相次ぐ

東京電力福島第一原子力発電所で、28日、汚染水を処理して原子炉に水を送る設備の3か所で水が漏れているのが見つかりました。
いずれも放射性物質を処理したあとの水で、海などへの流出はないとしていますが、福島第一原発では水漏れのトラブルが相次いでいて、依然として汚染水の管理の在り方が大きな課題になっています。
28日午前10時半ごろ、福島第一原発で、原子炉に水を送るポンプ3台のうち1台の近くにある弁から水が漏れているのを作業員が見つけました。
東京電力によりますと、漏れたのは、放射性物質を取り除く処理をしたあとの水およそ9リットルで、ポンプを停止したところ水漏れは止まり、海などへの流出はないということです。
その後、正午ごろ、汚染水を処理する設備でも2か所の弁から水が漏れているのが見つかりました。
漏れたのはいずれも、放射性物質を処理したあとの水、数リットル程度で、設備の中にとどまっていることから、海などへの流出はないということです。
また原子炉への注水や汚染水の処理は、継続しているということです。
福島第一原発では、先月、政府が冷温停止状態を達成したと宣言したあとも、汚染水の処理施設で水漏れのトラブルが相次いでいて、汚染水の管理の在り方が大きな課題になっています。

1月28日のニュース一覧