東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

12月31日のニュース

原発監視システム 一時使えず

全国の原子力発電所の原子炉の状態や周辺の放射線量などのデータを監視している国のシステムでトラブルが発生し、原子力安全・保安院などでデータを一時、表示できなかったことが分かりました。
このシステムは31日午後復旧し、保安院が原因を調べています。
トラブルを起こした国のシステム「ERSS」は、全国の原発の原子炉の圧力や温度、それに周辺の放射線量などのデータをリアルタイムで監視し、今後の状態を予測します。
東京の原子力安全・保安院のほか、原発の周辺にある保安院の出先が入ったオフサイトセンターなどに端末が設置されています。
東京電力福島第一原発の事故ではこのシステムが使えず、放射性物質の広がりを予測できなかったために住民の避難に課題を残しました。
保安院によりますと、30日昼過ぎ、石川県にある志賀原発のオフサイトセンターで画面にデータが表示されていないことに検査官が気づきました。
このため保安院で確認したところ、ふだんは画面に出ているデータが、全国すべての原発について表示できませんでした。
調査の結果、データを管理する独立行政法人の施設でデータの送信ができなくなっていることが分かり、「ERSS」は31日午後2時半ごろ復旧したということです。
保安院が原因とともにいつから故障していたのかを調べています。
原子力安全・保安院は「重要なシステムが使えなくなったのは遺憾で、また発表が丸一日後になり申し訳ない。今後は速やかに発表したい」と話しています。

12月31日のニュース一覧