東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

8月9日のニュース

過去の議事録と資料を公開へ

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、安全指針の見直しを進めている国の原子力安全委員会は、事故を防げなかった反省に立って過去の議論も明らかにする必要があるなどとして、これまで公開していなかった平成8年以前の議事録と資料を公開することになりました。
福島第一原発の事故では、結果的に津波が過小評価されていたほか、津波によってすべての電源が失われるという想定外の事態が起きて原子炉が冷却できなくなりました。
「全電源の喪失」は、国の原子力安全委員会がまとめた安全指針で「考慮しなくてよい」ことになっていて、現在、進められている指針の見直し作業の中でも、なぜそうした判断になったのか、検証が進められています。
これについて原子力安全委員会は、8日の会合で、指針の見直しにあたっては、事故を防げなかった反省に立って過去の議論も明らかにする必要があるなどとして、現在、公開していない平成8年以前の委員会と審査会の議事録や資料を公開することを決めました。
原子力安全委員会によりますと、資料は数千冊に上り、古いものでは安全委員会ができた当時の30年前のものもあるということで、準備ができた資料から、順次、ホームページに掲載していくとしています。

8月9日のニュース一覧