東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

7月5日のニュース

3号機窒素注入 準備写真公開

東京電力福島第一原子力発電所の3号機で、水素爆発を防ぐための窒素の注入に向けて、原子炉建屋の放射線量を下げるために鉄板が床に敷かれた状況を撮影した写真が公開されました。
公開された写真は、東京電力の作業員が、3日、鉄板を敷くために使用したフォークリフトの操縦席から撮影したもので、3号機の原子炉建屋の大物搬入口から建物の奥に向かって鉄板が敷かれている様子が写し出されています。
この場所では、4日、2人の作業員が、2時間半かけて、鉄板と鉄板の隙間を細い鉄板で埋める作業が行われ、5日以降、効果を確かめるために放射線量を測定する予定です。
福島第一原発の事故収束に向けた工程表では、1号機から3号機で水素爆発のおそれをなくすため、今月17日までに格納容器に窒素を注入する計画ですが、3号機の原子炉建屋の中の放射線量が依然高い状態です。
東京電力は、鉄板のほか、放射性物質を遮る「ついたて」を設けるなどして、作業環境を改善し、今月8日には窒素を注入する配管の接続に入りたいとしています。
工程表のステップ1では、原子炉の安定的な冷却とともに、水素爆発を防ぐことが重要な要素で、細野原発事故担当大臣も、水素爆発が確実に起きない状況を確認したうえで、今月17日をめどに緊急時避難準備区域の解除を検討したいという考えを示しています。

7月5日のニュース一覧