東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

6月28日のニュース

浄化した汚染水で循環注水冷却を再開

  • 汚染水貯蔵タンク

東京電力福島第一原子力発電所で、27日、注水開始からわずか1時間半で停止した浄化した汚染水を原子炉の冷却に使う「循環注水冷却」は、配管の点検作業などが終わり、東京電力は、28日午後4時前、注水のためのポンプを起動し、循環注水が再開されました。
福島第一原発では、浄化した汚染水を原子炉に注入する、「循環注水冷却」を27日、スタートさせましたが、開始からわずか1時間半で配管の継ぎ手が外れて水漏れが起き、循環注水を停止しました。
東京電力によりますと、汚染水が漏れた時間は作業員の話から、最大で2分で、漏れた量は1トン程度とみられ、ポンプの流量を調整中に配管内の圧力が高まり、締め付けが足りなかった配管の継ぎ手部分が外れたものとみられています。
本来はポンプの流量を調整する弁の前にタンクを設置して、急激に圧力が高まらないようにする設計でしたが、タンクの設置前でも循環注水には問題ないと判断し、運転を始めていたということです。
東京電力は、圧力の急激な上昇を防ぐため、ポンプの流量を絞りすぎないなどの対策を取るとともに、配管の継ぎ手部分の確認作業が終わったとして、午後3時55分に循環注水を再開しました。
原子力安全・保安院によりますと、これまでのところ、注水は安定しているということですが、見通しの甘さがトラブルを招いているだけに、東京電力には、慎重な運転管理が求められます。

6月28日のニュース一覧