東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

6月28日のニュース

「循環注水冷却」再開へ配管点検急ぐ

東京電力福島第一原子力発電所で、浄化した汚染水を原子炉の冷却に使う「循環注水冷却」が、27日、開始からわずか1時間半で停止した問題で、東京電力は、28日朝から水漏れが見つかったのと同じ、配管のすべてのつなぎ目部分の点検を急いでいて、できるだけ早く循環注水を再開したいとしています。
福島第一原発では、浄化した汚染水を原子炉に注入する、「循環注水冷却」を27日スタートさせましたが、開始からわずか1時間半で注水用の配管のつなぎ目が外れて水が漏れているのが見つかり、循環注水を停止しました。
東京電力によりますと、汚染水が漏れていた時間は作業員の話から最大で2分で、漏れた量は1トン程度とみられるということです。
当時、近くでポンプの流量を調節していたことから、配管のつなぎ目の締めつけが足りなかったため、配管内の圧力が高まった際に、外れたものとみられるということで、東京電力によりますと、注水前につなぎ目の締めつけの確認はしていなかったということです。
東京電力は、100か所ある配管のつなぎ目すべてについて、けさから締めつけに問題ないか確認作業を進めていて、できるだけ早く循環注水を再開したいとしています。

6月28日のニュース一覧