東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

6月25日のニュース

原発の安全基準強化 進展なし

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、世界の原子力安全の強化について話し合う、IAEA=国際原子力機関の閣僚会議は24日閉会し、IAEAの機能強化に向けては一定の成果は得られたものの、原発の安全基準の強化など本質的な課題の解決に向けた議論はほとんど進みませんでした。オーストリアのウィーンで開かれていた会議は、24日の最終日に3つの作業部会の議長から報告が行われ、IAEAの専門チームが各国の規制当局や原発について定期的に評価を行うことや、IAEAが無作為で各国の原発を選んで抜き打ち的に検査を行うことなど、会議の初日に天野事務局長が提案したIAEAの機能強化策がほぼそのまま盛り込まれた形となりました。天野事務局長もIAEAの機能強化に向けて一定の成果を得られたと総括しました。ただ、原子力の安全確保は、主権に関わる問題であるだけに、各国の原発の安全性を評価してもその結果が守られるのか疑問の声も上がっていました。さらに、今後、原発を導入しようという国のなかには、安全基準の強化には慎重なところもあって、本質的な課題の解決に向けた議論はほとんど進みませんでした。
IAEAでは今回の会議の結果も踏まえて、9月の総会までに原子力安全の強化のための行動計画をまとめる予定です。
原子力安全・保安院は、6月1日以降の資料についても、まとまりしだいホームページで公表するとしています。

6月25日のニュース一覧