東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

5月18日のニュース

宮城 牧草から放射性物質検出

宮城県丸森町の牧草から、国が乳牛や肉牛に与えても差し支えないとしている目安の5倍の放射性物質が検出され、宮城県では県内全域の畜産農家に対して牛に牧草を与えないよう要請しました。
宮城県内で農産物や牧草などから国の基準や目安を超える放射性物質が検出されたのは初めてです。
宮城県によりますと、今月11日に県内3か所で採取した牧草を検査した結果、南部の丸森町の町営牧場と北部の大崎市の県営牧場の合わせて2か所のサンプルから国が乳牛や肉牛に与えても差し支えないとしている目安を超える放射性物質が検出されました。
目安を超えて検出されたのは、いずれも「放射性セシウム」で、丸森町の牧草は、目安の1キログラム当たり300ベクレルのおよそ5倍の1530ベクレルで、大崎市の牧草は350ベクレルでした。
放射性ヨウ素は、丸森町の牧草は乳牛の目安の1キログラム当たり70ベクレルを下回る40ベクレルで、大崎市の牧草からは検出されませんでした。
これを受け、宮城県では県内全域のおよそ6000軒の畜産農家に対して、乳牛や肉牛に牧草を与えたり、放牧したりしないよう要請しました。
宮城県内で農産物や牧草などから国の基準や目安を超える放射性物質が検出されたのは初めてです。

5月18日のニュース一覧