東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

5月18日のニュース

2号機 原子炉建屋内に作業員

  • 1号機
  • 2号機
  • 3号機

東京電力福島第一原子力発電所では、原子炉の安定的な冷却に向けた作業を進めるため、18日、2号機の原子炉建屋に、爆発が起きて以来初めて作業員が入り、建屋の中の放射線の量などを調べました。
福島第一原発では、格納容器から漏れ出した水を原子炉に循環させて冷却を進める計画が、17日に発表された新たな工程表にも盛り込まれ、原子炉建屋の中での作業環境を整える必要に迫られています。
これまでに、1号機の原子炉建屋には作業員が入って放射線の量を減らす作業などを行っていましたが、2号機の建屋にも18日午前9時24分から14分間にわたって東京電力の作業員4人が入り、内部の放射線量の測定などを行いました。
2号機の原子炉建屋に作業員が入るのは、震災から4日後の3月15日に爆発が起きて以来、初めてのことで、作業員は放射線を遮るスーツを着たうえ、空気ボンベを背負って作業を行い、被ばくの量は1人当たり3から4ミリシーベルトだったということです。
2号機の原子炉建屋では、先月18日にロボットを使った調査が行われましたが、湿度が90%余りと高く、カメラのレンズが曇って奥に進むことができなかったため、詳しい放射線の量など内部の環境を把握することが急務となっています。
一方、タービン建屋などにたまった高濃度の汚染水の水位が上昇していた3号機では、17日午後6時から汚染水を集中廃棄物処理施設の中の建物に移送する作業が始まりました。
汚染水は18日午前7時までの間に130トンが移送されたとみられ、その結果、タービン建屋の地下の水位は17日午後5時から1センチ下がって144センチとなり、東京電力は、移送作業が一定の効果を上げているとしています。

5月18日のニュース一覧