東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

4月7日のニュース

1号機で窒素ガス注入始まる

深刻な状態が続く福島第一原子力発電所1号機の原子炉格納容器で、水素と酸素が反応して爆発する危険をあらかじめ避けるため、東京電力は、7日午前1時半すぎから水素などと反応せず安定性が高い窒素ガスの格納容器への注入を始めました。
福島第一原発1号機の原子炉格納容器では、冷却水の水位が上がらず、今も燃料棒が半分近く露出した状態が続いていて、損傷した燃料を覆う合金と水が反応したり、放射線によって水の分子が分離したりして、水素と酸素が大量に発生しているとみられています。

格納容器の中の水素の濃度が高くなると、酸素と反応して爆発が起きる危険性が高まるため、東京電力は、6日午後10時半から1号機の格納容器に、水素などと反応せず化学的に安定した窒素ガスを注入するための作業を始めました。
窒素ガスは、その後、7日午前1時半すぎに実際に格納容器に入り始めたということです。
東京電力によりますと、窒素ガスの注入は、このあと6日間程度続けられるということで、今後、2号機や3号機の格納容器への注入も検討するということです。
これについて、経済産業省の原子力安全・保安院は「窒素ガスを注入することにより、原子炉格納容器の中の放射性物質を含んだガスが外部に漏れる可能性もあるので、周辺の放射線のモニタリングを確実に実施し、情報公開に努めるよう東京電力に指示した」と話しています。
福島第一原発では、東日本大震災が起きた翌日の先月12日、1号機の原子炉建屋にたまった水素が爆発して屋根や壁が吹き飛び、その2日後には3号機でも水素爆発が起きています。

4月7日のニュース一覧