東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月22日のニュース

屋内退避の患者ら県外へ搬送

屋内退避の指示が出ている福島第一原子力発電所の半径20キロから30キロの範囲内にある病院の入院患者や高齢者施設の入所者について、やむをえず病院に残る一部の患者を除いて、1600人余り全員が、22日までに県外の病院や施設などに搬送されました。
厚生労働省によりますと、この範囲内にある病院の入院患者や高齢者施設の入所者は1600人余りいましたが、今月15日に屋内退避の指示が出て以降、範囲外にある病院や施設などに順次、搬送されてきました。
このうち、高齢者施設の入所者はおよそ980人で、全員が栃木県や神奈川県など6つの県の施設に移動しました。
また、病院の入院患者は600人余りで、こちらも22日までに新潟県や茨城県など7つの県の病院に搬送されました。
ただ、広野町の病院に入院している患者38人については、搬送に耐えられなかったり、家族の希望でそのまま病院内で治療を続けたりするということです。
厚生労働省では、このほか、在宅で医療を受けている患者や独り暮らしの高齢者などについても、希望すれば範囲外の施設などに避難できるよう検討を進めています。

3月22日のニュース一覧