東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月22日のニュース

福島沖 海水放射性物質調査へ

高木文部科学大臣は、閣議のあとの記者会見で、福島第一原子力発電所の事故を受け、福島県の沖合およそ30キロの海域で、海水に放射性物質が含まれてないかどうか調査することを明らかにしました。
福島第一原子力発電所の事故を巡っては、東京電力の調査で、発電所の周辺の海水から国の基準を上回る放射性ヨウ素などの放射性物質が検出されています。
これに関連して、高木文部科学大臣は記者会見で、「地域住民の不安を解消するため、これまで陸上での放射線の影響などを調べてきたが、海域での調査を求める意見もあり、独立行政法人の海洋研究機構の調査船を使って、あす、福島第一原子力発電所など福島県の沖合およそ30キロの海域あわせて8か所で、海水を採取し影響を調査したい。結果については、あさって公表する予定だ」と述べました。
また、高木大臣は、プロ野球のセ・リーグが、来月5日からナイトゲームを実施する方針を決めたことについて、「突発的な停電で国民生活や経済活動に影響が出ている。今の情勢を考えると、ナイトゲームを自粛してもらうほうがよいと思う」と述べました。

3月22日のニュース一覧