東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月22日のニュース

放射線量“落ち着く傾向に”

福島第一原子力発電所周辺の放射線量の値は、21日夕方、2号機から白い煙が上がったあと一時的に上昇しましたが、その後、下がる傾向にあることが分かりました。
経済産業省の原子力安全・保安院は「風の影響もあるが、落ち着く傾向にある」と話しています。
福島第一原子力発電所の2号機では、21日午後6時20分ごろ、原子炉の入った建物の屋根から白い煙が上がっているのが見つかり、1号機から4号機で作業していた全員が屋内に避難しました。
東京電力によりますと、2号機から西におよそ1キロ離れた発電所正門付近の放射線量は、午後5時40分に1時間当たり494マイクロシーベルトだったのが、午後6時半には、1時間当たり1932マイクロシーベルトまで上がりました。
値は、その後21日午後8時ごろからは下がる傾向が続き、22日午前5時現在で、1時間当たり273.9マイクロシーベルトに下がっています。
これについて原子力安全・保安院は「風の影響もあるが、落ち着く傾向にある」と話しています。

3月22日のニュース一覧