東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月15日のニュース

“身体影響 可能性ある数値”

枝野官房長官は、午前11時すぎからの記者会見で、「福島第一原子力発電所の敷地の中で放射線を測定した値が、午前10時22分現在で、3号機付近で1時間当たり400ミリシーベルト、4号機付近で100ミリシーベルト、2号機と3号機の間で30ミリシーベルト、という結果が出ている。従来の数値と異なり、単位が違う。身体に影響を及ぼす可能性のある数値であることは間違いない」と述べました。
さらに枝野長官は、「2号機の格納容器の部分が損傷を受けているという可能性が高いという報告を受けている。1号機、2号機、3号機ともに、一定の人体への影響を及ぼす放射性物質が出ている」と述べました。
検出された400ミリシーベルトとは、40万マイクロシーベルトに当たります。
人が浴びる放射線で、健康への影響がほとんどないとされているのは、被ばくの総量が100ミリシーベルト=10万マイクロシーベルトとされますが、400ミリシーベルト=40万マイクロシーベルトは、その4倍に当たります。
また、400ミリシーベルトは、血液の中の白血球が減るなど、体への影響が出るレベルだとされています。

3月15日のニュース一覧