東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月15日のニュース

東海村 基準超の放射線値観測

福島第一原子力発電所から南に110キロ余り離れた茨城県東海村にある東京大学の施設では、午前7時46分に、放射線の値が毎時5マイクロシーベルトを観測し、10分間継続して通報の基準値の5マイクロシーベルトを超えたため、午前8時15分までに国に対して原子力災害特別措置法に基づく10条通報をしました。
現在の放射線量は毎時3マイクロシーベルトになっているということです。
この場所での通常の放射線量は、毎時0.05マイクロシーベルトだということです。
今回観測した、毎時5マイクロシーベルトという放射線量は、2週間浴び続けても、一般の人が1年間に自然に浴びる量よりも少ない値です。

3月15日のニュース一覧