東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月15日のニュース

“2時間半以上で 急性障害出るレベル”

毎時400ミリシーベルトの放射線量について、放射線の人体への影響に詳しい長瀧重信放射線影響研究所前理事長は「1時間に400ミリシーベルトを被ばくするということなので、仮にその場に2時間半以上いると、被ばく量は1000ミリシーベルトを超え、やけどや吐き気などの急性の放射線障害が出るレベルだ。1時間余りいても白血球の減少が見られる500ミリシーベルトを超えるので、作業にあたる人の安全の確保が重要だ」と話しています。

3月15日のニュース一覧