東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月15日のニュース

“1時間 急性症状出始めるレベル”

毎時400ミリシーベルトの放射線量について、広島大学原爆放射線医科学研究所の星正治教授は「仮に1時間その場にいれば、リンパ球が一時的に減少するなどの被ばくの急性症状が出始めるレベルだ。今回のような非常事態の場合、作業員が1度に浴びる放射線の量の上限は100ミリシーベルトとされており、1人当たり15分ほどしか作業ができないことになる。チェルノブイリの事故では数分ごとに交代して作業にあたったこともあり、作業員の安全を守るためにはこうした対応が求められる」と話しています。

3月15日のニュース一覧