養殖ようしょくひとそだてるさかなえさには、さかなこなにした魚粉ぎょふん使つかっています。養殖ようしょくおこなくにえて、魚粉ぎょふん値段ねだんたかくなっています。

このため、ちゃみず女子大学じょしだいがくなどのグループは、アメリカミズアブというむしえさ使つか研究けんきゅうをしています。このむしおおきくなるのがはやくて、たまごから3週間しゅうかんぐらいあとでえさ使つかうことができます。

東京とうきょうで19にち研究けんきゅうについて発表はっぴょうがありました。グループひとは、えさ半分はんぶんをアメリカミズアブにえても、さかなおなじようにおおきくなったとはなしました。

会場かいじょうでは、このむし使つかったえさそだてたさかなと、いままでのえさそだてたさかな刺身さしみべてみました。べたひとは「あじおなじだとおもいます。おいしかったです」とはなしました。

グループひとは「むしをいろいろなことに使つかって、ものりなくなる心配しんぱいがないようにしていきたいです」とはなしました。