国会こっかいや、けんなどの議会ぎかいでは、議員ぎいんを「先生せんせい」とぶことがあります。大阪府おおさかふ議会ぎかいでもながあいだ議員ぎいんを「先生せんせい」とんできました。

21にち議会ぎかいで、議長ぎちょうが「役所やくしょはたらひと市民しみんなどが議員ぎいんうえひとだとおもいやすいです。議員ぎいん自分じぶん特別とくべつひとだと間違まちがえてかんがえてしまうかもしれないので、先生せんせいぶのはやめましょう」といました。議員ぎいんからは、まえからやめようとはなしていたので賛成さんせいだという意見いけんなどがました。

議員ぎいんグループなかかんがえてから、28にちにもう一度いちどはなことになりました。議会ぎかいでは、賛成さんせいおおかったら、議員ぎいんがほかの議員ぎいんを「先生せんせい」とぶことをやめます。役所やくしょはたらひとなどがぶのもやめてもらうことをかんがえています。