地震じしんなどのときどうしたらいいかを勉強べんきょうする訓練くんれん4日よっか東京とうきょう中野区なかのくでありました。日本にっぽん外国人がいこくじん通訳つうやくボランティアなど150にんぐらいがあつまりました。

消防しょうぼう警察けいさつひとは「やさしい日本語にほんご」で説明せつめいしました。漢字かんじにはかたいて、みじか文章ぶんしょういたかみ使つかって「地震じしんのときはつくえ、テーブルのしたはいります。つくえなどがないときは、クッションなどをあたまうえきます」などとわかりやすくはなしました。

このほかに「警察けいさついそいで連絡れんらくするための番号ばんごう『110』にかけるときは、あわてないで、はっきり、正確せいかくはなすことが大切たいせつです。住所じゅうしょがわからないときは、交差点こうさてんちかくのみせ名前なまえなどをつたえてください」とはなしました。

中国ちゅうごくじん女性じょせいは「とてもいい経験けいけんになりました。これからやくつとおもいます」とはなしていました。